サンルームがある家

 

ライフステージが変わってもずっと快適に暮らせる

念願のこだわりが詰まった家。

鹿児島市Y邸

「一年を通して、室内が快適な空間だったら・・・」
「いくつになっても自分らしい暮らしを続けたい」
そんな思いを紙に書き留めることから始まった家づくり。
10年来の勉強会・見学会で見つけた答えはFPの家でした。

Family Comment (施主様からのお声)

こだわりがたくさん詰まった念願の家です。

見学会や勉強会に出掛けるようになって早10年。
建てるなら快適に暮らせるFPの家と決めていました。
家づくりに際しては、希望をたくさん紙に書いて相談しましたが、全部かなえてくださったので大満足です。
使い勝手を考慮して作ってもらった造化家具は、見た目もよくお気に入りです。

木にこだわった味わいのある空間づくり。

木の特性を生かしたY邸は、和室に隣接したLDKに開放感があふれます。
5寸桧の大黒柱が美しく、TV台とPCコーナーを兼ね備えたカウンター、キッチン収納などの造化家具には統一感があり、Yさんが希望した回遊できるオープンな空間がアクセントになっています。

またキッチンと洗面・浴室をまとめた間取りは、洗濯をしながら炊事ができるなど、家事動線にも優れます。
キッチンは分別用の大きなゴミ箱をしまう棚や、タオル掛けにまで定位置が与えられていて、Yさんが使いやすいよう工夫されています。

和室は、ふちが同色の畳や、白くフラットな床の間、縦に開けたスリット窓がモダンな印象で、LDKと溶け込みます。
8畳に板間が付いているので、個室に仕切っても大人数のゲストまで対応できそうです。

「とにかく寒いのが苦手」というYさんが家づくりを考えたのは10年前。これまでにたくさんの見学会や勉強会に参加したそうです。
「家づくりは断熱材がポイントだと知りました。優れた断熱性と気密性でしっかりと家を守るFPの家は、冬は暖かく、夏は涼しいのが特徴。これなら快適に過ごせますよ。」

玄関には、お気に入りの靴をパッと探せる大容量のシューズクロークや、帰宅後すぐにコートやバッグをしまえるクローゼットを設置。
土間の壁には折り畳み式の木のイスを取り付けるなど、将来介護を受けるようになっても困らないよう、トイレや浴室のスペースにゆとりを持たせ、バリアフリーにも配慮しました。

 

 

各階に水回りを完備。独立した暮らしを叶える。

リビング階段を昇った2階にもLDKを配置。あらかじめ要所要所に手すりを取り付けてあります。
その奥にある「桧の部屋」は、床や天井、腰板にまで桧を使った自慢の寝室。
木の香りに包まれながら、ぐっすりと眠れそうです。

デザイン性に富んだスリット窓はプライバシーの保全上、面積は広くありませんが、必要な通気性と採光性を確保しています。
Y邸は、1階と2階それぞれにキッチンやトイレなどの水回りを作ったのもこだわりです。
現在は2階のLDKをメインに使い、1階はきれいな状態をキープしたまま客間として使用する予定だそう。

そして将来、介護が必要になった場合には、車いすが使えるフラットな1階に生活拠点を移し、2階には家族が住むという選択肢もあります。

 

 

Planning Point (プランニングポイント)

エコで快適に過ごせる家づくりをご提案

Y様はとても勉強熱心な方で、見学会にもよく来てくださいました。
今回の家づくりは、そんな長年の夢がたくさん詰まっています。

私どもは夢を形にするのが使命です。
ご要望を受けてさらにそれを実現するためにはどうしたらいいかを熟考し、使いやすさやお手入れのしやすさ、ランニングコストを抑えるための工夫などあらゆる視点からのご提案をさせていただきました。

Y様邸は、ライフステージが変わっても、リフォームすることなく住み替えができるのがポイントです。
間取りは、動線の良いオープンな空間を基本に、物を出さずにすっきりと暮らすための収納を随所に配置しました。
特にスペースや物に合わせて作ることのできる造化家具は、木の魅力あふれるインテリアとしても人気があります。