街中に建つ、広々シューズクロークがある家

 

代々、受け継がれてきた土地に

代々、受け継がれていく家を。

鹿児島市 H邸

ひときわ目を引くスタイリッシュな外観。丸窓がこの家のシンボル。住み手のセンスを余すことなく取り入れたふたつとないデザイン。

優しい思いを受け継いで新たな幸せを育んでゆく

鹿児島市屈指の人気エリア。誰もが憧れる荒田の地に完成したH邸。白地に赤の壁板、四角い窓と大きな丸い窓が印象的な外観です。ベランダ部分のカラフルな壁板は、ご夫妻とご友人たちとで手塗りしたもの。緑色の下地の上に塗料を重ねているため、彩度が抑えられた渋い色合いです。ここに使った6色は、玄関アプローチに描かれたドット模様や室内階段にも用いられており、それぞれの空間を華やかに演出しています。

 この家のシンボルともいえる丸窓をモチーフとしたデザインが、家中にあしらわれているのも見逃せないポイントです。シューズクロークは、趣味の自転車も置ける広さ。玄関から土間続きに行けるスペースの奥に、リビングへの出入り口をもう一つ用意しているので、来客と家族とで動線を別にすることができ、玄関がすっきりと片付きます。造作棚やクローゼットのほか、階段のステップ収納、壁面ブックシェルフなど、収納スペースを数多く設けています。キッチンの食器棚は、黒板・マグネット仕様の扉。メニューやチョークアートを書き込めて楽しい。ご友人を招いて、手料理を振る舞うことも多いというご夫婦。酒宴を盛り上げるのに一役買うこと間違いなしです。

 奥様のお祖父様から譲り受けた土地に新築したH邸。その庭に鎮座するナンテンの木は、ご主人のご実家から移植したものです。たくさんの愛情がたっぷりと注ぎ込まれたこの家から今、豊かな新生活が始まります。

 

 

 

20年以上造り続けているワンランク上の高性能エコ住宅「FPの家」

最高レベルの高気密・高断熱性能を誇る「FPの家」。独自の硬質ウレタンパネルで、屋根・壁・床をまるごとすっぽりと覆い、外気の影響を最小限に抑えています。隙間がないので室内の空気を外へ逃がさず、冷暖房効率が良くなります。結露とも無縁ですし、遮音性も抜群。家の内外の音が気になりません。地震の際にも、面で耐える強固な箱型構造になっているので安心です。奥様一番のお気に入りは、ユーティリティスペース。洗濯物を洗って、干して、たたんで、しまうまでを一連で済ませることができる便利な動線。24時間計画換気システムのおかげで、過ごしやすい室温を保って、室内干しの洗濯物もよく乾きます。火山灰や花粉などの室内への侵入も防いでくれるので、空気はいつもきれいです。

 

 

 

Planning Point (プランニングポイント)

超高性能エコ住宅「FPの家」に楽しさをたっぷり盛り込みました

 以前のお住まいは湿気が多く、室内の温度も外気に影響されていたそうです。そこで、夏は涼しく、冬は暖かい、高性能エコ住宅「FPの家」を選んでいただきました。湿気を気にせず、健やかに暮らせる快適な室内環境を実現し、断熱・気密性が高いばかりではなく、強い耐震構造を誇ります。シューズクロークの回遊性や家事動線にも配慮し、収納スペースもたっぷり確保。楽しいカラーリングや、丸窓のデザインをドアや玄関先に採用するなど、感性を生かした遊び心も満載です。