畳スペースとウッドデッキのある家

 

子どもたちの成長を温かく見守る

畳スペースとウッドデッキのある家

鹿児島市 A邸

白い外壁にダークブラウンの組み合わせでナチュラルな雰囲気に仕上げたA邸。窓の配置もかわいらしい

こんな家が欲しかった私たちが希望した3つのこと

1.リビングの畳スペース

いつでも横になれる畳のスペースがリビングの一角にあると、赤ちゃんのお昼寝に便利ですし、大人もくつろげる空間になっています。

2.使いやすい収納

リビングと寝室に大きな収納を用意したほか、玄関、キッチン、脱衣室など各スペースに使い勝手のいいクロークや棚を配置しました。

3.広めの洗面脱衣室

子どもたちとのバスタイムでもゆったり使える広い洗面脱衣室は、キッチンからのアクセスも良くユーティリティーとしても大活躍です。

手探りからのスタ—卜を確かな提案力でサポート

 二人目のお子さんの誕生を控え、子育てしやすい環境を整えるための家づくりを実現したAさんご家族。しかし、最初は何から始めればいいのかもわからない手探り状態だったそう。いくつものモデルハウスや見学会ヘ足を運び、それぞれの家の良さを学んでいくものの、自分たちの生活にフィットするマイホームのイメージが湧いてこない。「見学したモデルハウスはどれも素敵な家だったのですが、『ここで建てたい』という決め手がありませんでした」とご主人。そこで、友人でもあった同社の建築士に相談することに。自分たちの希望やコストに関することまで気兼ねせずに話し合う中で、段々と家族にとっての理想のカタチが具体的になっていく。

 家づくりにおいて、漠然とした「暮らしやすさ」や断片的な「家族の希望」から―つの方向性を導き、家族にとっての最適な住まいを創るためには、担当スタッフとの相性は見過ごすことのできない大切な要素。今回、なんでも相談できる建築士がパートナーとなったおかげで「結果的にはほとんどお任せ」になったのだそう。

 

 

 

 

 

家族みんながくつろげるリビングの畳スペース

 Aさんご夫婦が最初に希望したのは、リビングとフラットにつながる畳スペースだ。小上がりのように段差をつけた場合は空間に変化が生まれるが、あえて段差を設けないことで安全性を確保。赤ちゃんのお昼寝用だけではなく、家族のリラックススペースとしても活躍しているそう。

 小さい子どものいる家庭で子育てしやすい家をつくるには、子どもの安全面を確保することとコミュニケーションの取りやすい間取りを心がける必要がある。A邸ではリビングやウッドデッキで遊ぶ子どもの様子を見守りながら、また、子どもとのおしゃべりを楽しみながら料理をすることができるオープンキッチンと、子どもが大きくなってからも外出時に必ずリビングを通ることで声をかけやすく挨拶の習慣がつきやすいリビング階段を採用。子どもたちがリビング・ダイニングで長い時間を過ごすようになると物が増えて散らかりやすくなりがちだが、広い押入れのほかに階段下やキッチン横のスペースを上手に利用して収納スペースを作っている。

 

 

ユーティリティーとウッドデッキがラク家事の秘訣

  家族が自然と顔を合わせられる間取りは動線もシンプル。リビングからつながるウッドデッキは洗濯物を干すスペースでもあるので、家族とコミュニケーションを取りながら日々の家事を行うことができ、洗濯物をかかえて2階へ上がる必要もない。「2階にベランダは作らないつもりだったんです」というお二人だが、布団を干すスペースがあった方がいいとの提案を受け、玄関上の屋根部分をベランダにしてもらったのだそう。また、当初のプランではキッチン裏にトイレとバスルームなどの水回りをまとめていたのだが、子どもたちとのバスタイムを考慮して脱衣室を広くすることに。トイレは玄関前に移動させたことでゲストも利用しやすくなり、通常よりもワイドになった脱衣室はカウンターや物干し用のポールを設置してユーティリティーとしても使いやすくなった。「部屋数が少ないのでお掃除もラクですよ」と奥さま。これからウッドデッキで家庭菜園にも取り組む予定。子どもたちと一緒に育てるグリーンの成長も日々の楽しみになりそうだ。

Family Voice

本当に何もわからない状態からの家づくりでしたが、私たちからの要望だけでなく収納棚や猫走りの配置など細かい部分まで提案していただき、安心してお任せすることができました。